研究の紹介

2020年度卒業研究課題(仮)

  • 木目金に関する研究

  • 鎚起銅器の製法に関する研究

2019年度以前の卒業研究テーマはこちら

実施中の研究課題

  • ​木目金の研究(2020年度〜)

  • 日本刀の材質評価に関する研究(2019年度〜)

  • 銅器の加工方法と金属組織に関する研究(2018年度〜)

  • 微小試験片試験技術に関する研究(2017年度〜)

  • 【民間助成金】デジタル画像相関法を用いたナノスケールひずみ解析による焼戻しマルテンサイト鋼内階層組織の熱時効に伴う軟化挙動評価,公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団研究助成

  • 【共同研究】機械的特性評価のための微小試験片技術に関する研究,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

過去の外部資金研究課題など

​研究内容の一例

​○鎚起銅器の金属工学的評価

伝統的な金属加工法である鎚起加工によって成形された銅器とへら絞りによって成形された銅器(本研究ではタンブラーを分析)では,鎚起銅器の方が金属組織が緻密になっており,強度が上昇していることを明らかにしました。

左:鎚起銅器によって成形されたタンブラー,右:へら絞りによって成形された銅器

走査型電子顕微鏡による反射電子観察像 左:鎚起銅器によって成形されたタンブラー,右下:へら絞りによって成形された銅器

日本刀の金属工学的分析

日本刀から試験片を採取し,部位毎の強さを評価。その結果,外側の強度が高いものの変形できる量は著しく小さいものの,内側の強度はやや低いものの柔軟な特性を有していることを確認できました。

左:日本刀断面の硬さ試験結果,右:走査型電子顕微鏡による日本刀の刃鉄と心鉄の金属組織観察結果

左:日本刀から採取した試験片の強度試験結果,右:シミュレーションによる切刃造り及び鎬造り構造の変形解析

金属材料研究室について

本研究室は,中学校の技術科教員養成を主目的としている岐阜大学教育学部技術教育講座において「金属材料」の教育を担う研究室です。研究室では,金属加工に関する教材の研究開発とともに,金属の変形や破壊に係わる研究を行っています。

2020年9月11日

​「研究」を更新

2020年6月30日

​「2020年度公開講座:日本刀の科学」を更新

2020年5月9日

​「卒業研究」を更新

2020年3月23日

​「メンバー」,「講義と実習,日本刀で学ぶ金属工学入門」,
「研究」,「研究室の様子」を更新

© 2018 by Make A Change.
Proudly created with Wix.com