研究の紹介

2021年度卒業研究課題(仮)

  • 調理器具の熱特性が調理に及ぼす影響

  • 鋳造を用いたものづくり体験

2020年度以前の卒業研究テーマはこちら

実施中の研究課題

  • ​木目金の研究(2020年度〜)

  • 日本刀の材質評価に関する研究(2019年度〜)

  • 銅器の加工方法と金属組織に関する研究(2018年度〜)

  • 微小試験片試験技術に関する研究(2017年度〜)

  • 【民間助成金】デジタル画像相関法を用いたナノスケールひずみ解析による焼戻しマルテンサイト鋼内階層組織の熱時効に伴う軟化挙動評価,公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団研究助成

  • 【共同研究】機械的特性評価のための微小試験片技術に関する研究,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

過去の外部資金研究課題など

​研究内容の一例

刃物の研究

刃物の材質と切れ味,耐久性に関する研究です。写真は約1,000円で購入したステンレス包丁と関市の刃物メーカーさんの約10,000円のステンレス包丁を用いて,にんじんを切った際の断面の顕微鏡写真です。安価な包丁はあまり切れ味がよくないため,切断面が滑らかではなく,それが一因となってか光が乱反射して白くキラキラしており​,組織も潰れ気味です。関市の包丁では切断面が滑らかで,指で触れてもツルツルです。そのため,光の乱反射は弱く,組織もあまり潰れていないように見えます。

knife6.jpeg

鎚起銅器の金属工学的評価

伝統的な金属加工法である鎚起加工によって成形された銅器とへら絞りによって成形された銅器(本研究ではタンブラーを分析)では,鎚起銅器の方が金属組織が緻密になっており,強度が上昇していることを明らかにしました。

Tsuiki1.png

左:鎚起銅器によって成形されたタンブラー,右:へら絞りによって成形された銅器

Tsuiki2.png

走査型電子顕微鏡による反射電子観察像 左:鎚起銅器によって成形されたタンブラー,右下:へら絞りによって成形された銅器