研究内容の紹介

研究室で実施している研究の紹介です。研究では主に,金属の変形や破壊を実験やコンピューターシミュレーションで評価しています。

 

 

○研究テーマ

  • ​木目金の研究(2020年度〜)

  • 日本刀の材質評価に関する研究(2019年度〜)

  • 銅器の加工方法と金属組織に関する研究(2018年度〜)

  • 微小試験片試験技術に関する研究(2017年度〜)

○共同研究や外部資金等で実施している研究テーマ

2020年度

  • 機械的特性評価のための微小試験片技術に関する研究,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

  • デジタル画像相関法を用いたナノスケールひずみ解析による焼戻しマルテンサイト鋼内階層組織の熱時効に伴う軟化挙動評価,公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団研究助成

2019年度

  • 破面寸法による微小引張試験片SS-J3の破断延性評価 に関する検討,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構: 令和元年度原型炉研究開発共同研究

  • ブランケット第一壁を模擬したHIP構造体の熱負荷試験,大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所: 平成31年度一般共同研究

  • 高空間分解能デジタル画像相関法を用いた金属材料の極限変形能評価,公益財団法人JFE21世紀財団: 2017年度 技術研究助成(鉄鋼技術研究)

2018年度

  • 共同研究,民間企業(エネルギー関連)

  • 微小引張試験片内部のマクロ破壊の評価及びアライメントオフセットが引張試験結果に及ぼす影響の調査国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構: 平成30年度 特別チーム公募型共同研究

  • ブランケット第一壁を模擬したHIP構造体の熱負荷試験,大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所: 平成30年度一般共同研究

  • 高空間分解能デジタル画像相関法を用いた金属材料の極限変形能評価,公益財団法人JFE21世紀財団: 2017年度 技術研究助成(鉄鋼技術研究)

2017年度

  • 高空間分解能デジタル画像相関法を用いた金属材料の極限変形能評価,公益財団法人JFE21世紀財団: 2017年度 技術研究助成(鉄鋼技術研究)

  • 微小引張試験片の破壊の支配因子解明に関する検討,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構: 原型炉設計合同特別チーム共同研究

  • ナノインデンテーション試験法を用いたMEMS用シリコンの機械特性評価に関する研究,国立大学法人京都大学: ゼロエミッション共同研究(提案型)

  • 直流電位差法を用いた自動車用超ハイテンの引張変形に伴う金属組織中の微細欠陥評価技術の開発公益財団法人天田財団: 平成27年度塑性加工一般研究開発助成

金属材料研究室について

本研究室は,中学校の技術科教員養成を主目的としている岐阜大学教育学部技術教育講座において「金属材料」の教育を担う研究室です。研究室では,金属加工に関する教材の研究開発とともに,金属の変形や破壊に係わる研究を行っています。

2020年9月11日

​「研究」を更新

2020年6月30日

​「2020年度公開講座:日本刀の科学」を更新

2020年5月9日

​「卒業研究」を更新

2020年3月23日

​「メンバー」,「講義と実習,日本刀で学ぶ金属工学入門」,
「研究」,「研究室の様子」を更新

© 2018 by Make A Change.
Proudly created with Wix.com