​金属を使ったものづくり(全学共通教育科目・自然科学実験講座,前・後期開講)

○実験概要

古くから行われている代表的な金属の加工方法である鍛金と鋳造を実施する。具体的には鍛金によるペーパーナイフやバングル製作,錫を用いた鋳造による小型のタンブラー製作を予定している。また,実習前に実施する座学では,これらの金属加工法によって製造されてきたものの一例として,銅鐸や刃物などについて紹介する。さらに,代表的な金属である鉄について,日本の伝統的な製鉄方法であるたたら製鉄などについても紹介する。

砂を用いた錫の鋳造の様子

金属材料研究室について

本研究室は,中学校の技術科教員養成を主目的としている岐阜大学教育学部技術教育講座において金属材料の教育を担う研究室です。研究室では,金属の加工に関する教材の研究開発とともに,金属の変形や破壊に係わる研究を行っています。

2021年3月24日

講義「日本刀で学ぶ金属工学入門」,「金属で学ぶ日本文化史,「金属を使ったものづくり」を更新​,卒業研究を更新​

2020年9月11日

​「研究」を更新

2020年6月30日

​「2020年度公開講座:日本刀の科学」を更新

© 2018 by Make A Change.
Proudly created with Wix.com