金属で学ぶ日本文化史(全学共通教育科目・人文科学日本文化論,後期開講)

講義内容

講義概要

人類の歴史を「石器時代」,「青銅器時代」,「鉄器時代」に分ける三時代区分法が示すとおり,人類の歴史には「材料」とりわけ『金蔵』が深く関わっている。日本列島で金属の利用が始まったのは弥生時代頃とされており,当初は近隣の国より輸入された金属製品の利用にとどまっていた。やがて,金属を様々な形に変える加工技術や鉱物から金属を取り出す製錬技術や純度を向上させる精錬技術も伝来し,自国内で金属製品を作り出すことが可能になった。その後,先人達のたゆまぬ努力によってこれらの技術は発展を続けたが,金属や金属製製作物は,その時代の情勢や文化とも深く関わってきた。本講義では,日本の歴史や文化と密接に関わってきた『金属』について,講師の専門である金属工学の要素を取り入れながら講義を行う。

講義計画

1.ガイダンス

2.金属の特徴とその利用

3.日本刀の特徴と成り立ち

4.日本刀の製法

5.古代の製鉄方法,たたら製鉄1

6.古代の製鉄方法,たたら製鉄2

7.古代の製鉄方法,たたら製鉄3

8.日本刀の歴史

9.美術品としての日本刀

10. 日本の近代化と製鉄

11. 日本の鉱山

12. 刃物の特徴

13. 金属を用いた伝統的なものづくり

14. 科学技術を用いた文化財の保護や分析

15. 総括

詳細は岐阜大学のシラバスを確認下さい。なお,本講義はネットワーク大学コンソーシアム岐阜に登録されており,加盟教育機関の学生や高校生も受講できます。