岐阜大学 公開講座  「日本刀のおはなし」

2019年7月7日(日)に岐阜大学サテライトキャンパスにて,公開講座「日本刀のおはなし」を実施しました.37名(内中学生10名,高校生1名)にご参加いただきました.ご来場いただきました皆様にお礼申し上げます.当日は,鉄,アルミ,銅などの主要な金属の特徴について説明するとともに,日本刀の作刀工程の中でも,たたら製鉄,折返し鍛錬,焼入れについて,その工程を料理に例えたり,実験結果を交えながら工学的な視点で講義を行いました.また,ピアノ線を用いた焼入れ等を実際に体験いただきました.講義後にご記入いただきましたアンケート結果を反映させた上で,次年度も実施する予定です.下記は講義内容の一例と,講義中の写真,講義で使用した動画を掲載します.なお,本公開講座は岐阜大学の全学共通教育科目「昔と今のものづくり」をもとにしています.

講義内容の一例

  • 金属をアニメのキャラクターやゲームの職業に例えると?

  • 金属を指1本で曲げられる?

  • 東京オリンピックのメダルは日本の鉱山から採れた金属でつくる?

  • 東大寺の大仏は昔はどんな色?

  • パティシエの人はなぜ銅製の鍋を使うの?

  • 日本刀は砂鉄でできている?

  • 鉄の鎧と鋼の鎧,どっちが丈夫?

  • 鉄鋼の鍛え方は料理と同じ?アク取り,よくこねてコシを出す,よく加熱して冷水で冷やす.

  • 日本刀の焼入れはどうして難しいの?

  • 工業用炭素鋼を用いた焼入れ温度と硬さの関係

  • 工業用炭素鋼を用いた炭素濃度と硬さの関係

ヘッディング 1

DSC_0052
DSC_0052

press to zoom
DSC_0025
DSC_0025

press to zoom
DSC_0017
DSC_0017

press to zoom
DSC_0052
DSC_0052

press to zoom
1/9

​講義中の様子

焼入れ・焼戻しの実験

焼鈍し,焼入れ・焼戻しの実験

​形状記憶合金