2021年度 岐阜大学 公開講座 「日本刀の科学」 
図4.jpg
図3.jpg

目的

日本刀は,日本の伝統的ものづくりの代表であり,現在は美術品として国内外で高く評価されています。日本刀の素材は金属の一つである鉄であり,この鉄は玉鋼と呼ばれ日本古来の製鉄法「たたら製鉄」によって製造されています。この公開講座では,「日本刀の製法」を科学の視点で解説するとともに,美術品としての日本刀の特徴,日本刀の素材となる玉鋼を作り出す「たたら製鉄」,及び主要な金属の特徴について解説します。本公開講座は中高生を対象にした内容となっていますが,それ以外の方も参加いただけます。

実施方法

オンライン開催(YouTubeによる動画配信)

 

実施スケジュール

2021年7月31日(土),8月7日(土),8月14日(土),8月21日(土)に動画を配信します。各動画は30分程度を予定しており,各動画は公開後,8月31日(火)まで視聴できます。

講師

岐阜大学 教育学部 技術教育講座 准教授 中田 隼矢

対象

中学生及び高校生向け。

参加費

無料。ただし,受講前後のアンケートにご協力下さい。なお,アンケート結果を分析し,個人情報などを除いた上で報告書などに掲載する可能性があります。

講義内容の予定

第1回目,7月31日(土)         金属の特徴(主な金属の特徴)

第2回目,8月7日(土)           日本刀の特徴(産地や刃文の種類など)

第3回目,8月14日(土)         日本刀の製法(折り返し鍛錬や焼入れなど)

第4回目,8月21日(土)         たたら製鉄(その歴史や現代製鉄との違いについて)

各動画は30分程度を予定しており,各動画は公開後,8月31日(火)まで視聴できます。

申込み方法

以下のサイトよりお申し込み下さい。動画配信期間終了までは,随時申込みを受けています。

https://forms.office.com/r/XDmvcCpXWR

焼入れ・焼戻しの簡易実験。この処理は日本刀作りにも利用されており,講義ではその仕組みなども説明します。